You are here:  / アジア / チベット /  / 2014チベットへの旅:7日目 ギャンツェ・シガツェ

2014チベットへの旅:7日目 ギャンツェ・シガツェ

Pocket

今日はラサを離れ、ギャンツェ・シガツェというチベット第2の都市を目指す。ラサ市外へ出て山へ向かうが常に水辺を近くに見ることができ、チベットが荒涼とした大地ではなく水と緑豊かな土地なのだと実感させられる。

IMG_1315

IMG_1320

IMG_1322

やがて山道に入り急カーブを何度も曲がりグングン登っていく。

IMG_1340

IMG_1342

IMG_1349

ヤムドク湖(羊卓雍措湖)が見えてきた。標高が4440mあり、心なしか空が近い気がする。

IMG_1352

IMG_1354

IMG_1360

IMG_1361

写真撮影用のヤク。またがって撮影すると10元(約200円)

IMG_1370

昼食は道中の食堂で。ご飯が桶に入って大量に出てくる。

IMG_1383

ここから5000m以上の峠を越える。標高が高く万年氷河が見られる。

IMG_1396

IMG_1403

IMG_1407

IMG_1408

IMG_1415

IMG_1416

IMG_1417

ガイドの手違いでギャンツェを素通りしてしまう。窓越しに見たこれがギャンツェだったのだろうか。

IMG_1428

シガツェに到着。早速タシルンポ寺(扎什倫布寺)へ行く。

IMG_1441

IMG_1442

IMG_1447

IMG_1458

IMG_1460

IMG_1466

IMG_1470

IMG_1471

IMG_1473

IMG_1474

ここシガツェでの宿が直前まで決まっておらず、前日から全員ネットでホテル探しに追われた。どこも結構割高で、食事付きで比較的安い东方明圣酒店(Dongfang Mingsheng Hotel)に決定した。個室は取れず、2人1室の相部屋である。建物内部は修理中のところも目についたが、室内はきれいに保たれており快適であった。ただしフロントで英語が全く通じないのには参った。外国人が宿泊する場合記録が必要なのかパスポートを預けたのだが、それを返してもらうのもひと苦労だった。

ホテルの部屋からの町の眺め。工事中のところが多く、どこかネパールのカトマンズを思わせるところがあった。ツアーメンバーで同室の男性も「ラサは予想以上にきれいで近代的だった。チベットと聞いてイメージするのはまさにこういう町並みだ」と言っていた。それほどまでにチベットの中でもラサは特別なのだろう。

IMG_1476

IMG_1477

夕食を食べに出た時にズボンのベルトが突然切れ、店を探して人民解放軍仕様のものを購入した。店の人はものすごく嫌そうな顔をして応対し、それでもいくらかまけてくれているのだから不思議である。

夜、みんなで飲みに出る。ここは標高3900mである。飲んで大丈夫かと思いつつ地元のバーのような店で、地元のラサビールを飲む。今までの旅行で飲んだその地の国産ビールのどれより美味かった。日本の昔のビールのようでもある。4000m近くで飲んでいるのでおそらく酔いが回るのが早い。部屋に戻るとすぐに眠りに落ちた。

Pocket

LEAVE A REPLY

Your email address will not be published. Required fields are marked ( required )

CAPTCHA


2018年2月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

スポンサー

今回の旅は、日本を代表するアウトドアブランド: (株)モンベル様にご支援いただいています

Language